馬名

クラサーヴィツァ

フローラS登録のクラサーヴィツァ(牝3=武井)は、日経新春杯Vグローリーヴェイズによって脚光を浴びるメジロラモーヌ牝系。この馬の祖母であるラモーヌはフローラS前身の4歳牝馬特別を勝っている。 この馬名はКрасавицаとキリル文字でつづるロシア語…

サートゥルナーリア

ホープフルS勝ちサートゥルナーリア(牡3=角居)が年明け初戦で皐月賞に出走。 ローマ神話。サートゥルヌスはユピテルに王位を追われてイタリアに逃れ、その地の王となり「黄金時代」の世を治めた。人々は慈悲あふれる統治をたたえ、毎年12月17日からサー…

アクアミラビリス

エルフィンSを上がり3F33秒3の強烈な末脚で勝ったアクアミラビリス(牝3=吉村)は、桜花賞で驚異の末脚を再現できるか。 この馬名はラテン語。Aquaは「水」、Milabilisは「驚異の、奇跡の」。中世ヨーロッパの修道院は医療院としての一面があり、消毒…

ミスターメロディ

阪急杯7着のミスターメロディが高松宮記念で反撃の旋律を奏でる。 父スキャットダディ。スキャットはジャズの歌唱法(シュビドゥビとかルルルとかアドリブで歌うもの)で、その連想から命名。Mr. Melodyはアメリカのジャズボーカリスト、ナタリー・コールの…

コスモカレンドゥラ

レース名に春を冠した皐月賞TR・スプリングSにコスモカレンドゥラ(牡3=田中博)が登録。 Calendulaは花の名前。邦名キンセンカ、英名ポットマリーゴールド。春に黄色やオレンジのかれんな花を咲かせる。その花の色をイタリア語ではgiallo vivo(鮮やか…

アウィルアウェイ

馬名は数あれど、これほど命名の妙を感じさせるものはそうない。フィリーズレビュー出走のアウィルアウェイ(牝3=高野)。父ジャスタウェイ、母ウィルパワーで、両親の名前の一部を組み合わせただけだが、それでいて[Where there is a will, there is a w…

カントル

全兄弟が2年連続で弥生賞に出走するのはなかなかの難事。ワグネリアンは昨年2着。アンコールで出てきた全弟カントル(牡3=藤原英)はさて何着? 母ミスアンコールが音楽を連想させることから、兄は「ワーグナー信奉者」、弟(Cantor)はシンプルにラテン…

エントシャイデン

インティが7連勝で一気にダート界の頂点に上り詰めた。短距離界にも新星が現れるか。阪急杯に条件級3連勝のエントシャイデン(牡4=矢作)が登場する。 この馬名はドイツ語。Entscheidenは「決める、決断する」。語源的にはentが「~から」、scheidenは「…

オメガパフューム

いささかフェミニンな名前かと思う。フェブラリーSに臨むオメガパフューム(牡4=安田翔)だ。この馬名を聞くと自ずとテクノ系の3人組ユニットが思い浮かぶ。ポップな名前に加えて、ダート馬としては軽量ボディーの芦毛で、ダンサブルおしゃれ男子と言え…

クロノジェネシス

旧約聖書「創世記」2章4節。日本聖書協会訳では「これが天地創造の由来である」。別訳でいわく「主なる神が最初に天と地を創造された時の模様は、この通りである」。天地創造と原初の人類(アダムとイブ、ノアの箱舟、バベルの塔)、イスラエルの太祖、ヨ…

ヴァンドギャルド

社台ファーム生産、藤原英厩舎、M・デムーロ騎乗。10年きさらぎ賞勝ち馬ネオヴァンドーム、11年トーセンラーはこの3ブランドがそろっていた。その系譜は今年ヴァンドギャルドが受け継ぐ。 この馬名はフランス語。Vinは「ワイン」、deは「~の」。gardeは英…

ダノンスマッシュ

ロードカナロアは種牡馬として短距離カテゴリーにとどまらないが、とはいえ正統なスプリントの継嗣も出てほしい。父と同じ安田隆厩舎のダノンスマッシュ(牡4)がその候補。カナロア本流のスプリンターがシルクロードSを制圧する。 Smashは「打ち砕く」あ…

インティ

中天に昇る太陽をさえぎるものがあるだろうか。インティ(牡5=野中)が5連勝から東海Sに臨み、ダートの頂点を目指していく。 この馬名は南米の土着言語であり、インカ帝国で使われたケチュア語。帝国を興したケチュア族は太陽神信仰を国教として、太陽=…

グローリーヴェイズ

香港国際競走で、香港ヴァーズというレース名は不思議ではないか?「香港瓶」。実は香港カップなら勝ち馬に盃(カップ)がもらえるところ、香港ヴァーズは花瓶(vase)なのだ。 Vaseは花瓶、あるいは「ツボ」の意味。日経新春杯出走のグローリーヴェイズはGl…

パフォーマプロミス

さあ有馬記念。パフォーマプロミスは前走のアルゼンチン共和国杯が完勝だった。穴馬として有り? アル! performは「演じる、果たす」。promiseは「約束」。日本語では確かに約束を果たすことができるが、英語においてpromiseは守る(keep)ものであり、実行す…

ファンタジスト

創造性のあるプレーをするサッカー選手はイタリア語でファンタジスタ。語源はそれと一緒ながら一文字違うファンタジストが朝日杯FSに出走する。こちらは英語だ。 ファンタジストの語源はイタリア語のfantasiaで「空想、想像力」。そこから「幻想曲」や「幻…

香港国際競走

香港国際競走における馬名と香港名を比べてみよう。香港カップのタイムワープは馬克羅斯。馬克はマルク、羅斯はローズの中国語での当て字。タイムワープ→マルクローズにワープ。マイルのモズアスコットは魔族雅谷。魔族の中国語での発音が「モズ」なだけで、…

パヴェル

パヴェル(セン4=米国モラ)は前走のレース後、厩舎がオニール→モラに変更。モラ師はケンタッキーダービーのデュアルウィナー(アイルハヴアナザー、ナイキスト)であるオニール師の右腕を務めており、オニール師はフリートストリートダンサーでJCダート…

サンダリングブルー

英国からジャパンCに遠征してきたサンダリングブルー(セン5=ムニュイジエ)は「クラス2ハンデ戦」でモマれて力をつけた叩き上げセン馬。日本の馬場に合うのか、通用するのか。興味深い。 Thundering Blueは直訳すれば「雷鳴の青」。雷は青く光るとも言…

ミッキーグローリー

古馬になって本格化したディープインパクト産駒ミッキーグローリー(牡5=国枝)がマイルCS制覇を狙う。 ミッキーは冠名。グローリーは「栄光、名誉、名声」。gloryの語源はラテン語gloriaで、これはギリシャ語ΚΛΕΟΣ(クレオス)と同根。クレオスは「名声…

レッドジェノヴァ

じわじわと力をつけてきたレッドジェノヴァ(牝4=小島)がエリザベス女王杯に出走。 レッドは冠名。ジェノヴァはイタリア北西部の都市。祖母マンハッタンフィズ(カクテル名)からの連想で母はコロンバスサークル。母名はニューヨーク市マンハッタンの円形…

センチュリオン

紀元前6世紀の王政ローマで、ローマ王セルウィウス・トゥッリウスが財産の多寡によってローマ人の階級を分けた。およそ100人の集団が193。この集団の名をcenturia(ケントゥリア)という。語源はラテン語のcentum(100)。百分率(パーセント)の…

サングレーザー

サングレーザーが待望のGⅠ奪取なるか。札幌記念を制し、満を持しての天皇賞(秋)出走だ。 SungrazerはSun(太陽)+grazer(かすめて通る者)。グレーザーには「草食動物」の意味もある。つまりサングレーザーは「太陽のような草食動物」として、既に頂点…

エタリオウ

伝統の菊花賞というなら、古風な和語の馬名が重みを増すはず。そこでエタリオウ(牡3=友道)だ。 「得たりおう」とは、「得」の連用形+助動詞たり(動作がなされてその結果が今もある)+感動詞おう=「唯」の語尾が延びたもの。思い通りになった時や快く…

ラテュロス

秋華賞で咲き誇るか。ローズS3着のラテュロス(牝3=高野)が出走。 この馬名はギリシャ語。ΛΑΘΥΡΟΣは現代ギリシャ語では「スイートピー」のこと。花はかれんでSweet pea(甘いエンドウ)とは言うものの、実は有毒植物。ラテュロスは同じつづりで古代ギリ…

短途馬錦標の香港名

アドマイヤゴッド 敬神 アレスバローズ 神將巴魯 ブラヴィッシモ 馬中之龍 キャンベルジュニア 唱作人 ダイメイプリンセス 大名妃子 ファインニードル 鐵杵成針 グレイトチャーター 大憲章 ヒルノデイバロー 蹄快來 カイザーメランジェ 合成國王 キングハー…

ワグネリアン

ダービー馬の秋始動戦といえばここが定番。ワグネリアンが神戸新聞杯に出走する。 WagnerianはWagner+―ianで接尾辞―ianは「出身、関連、所属」などを付加する。Wagnerはドイツの作曲家リヒャルト・ワーグナーのことで、つまりワグネリアンとは「ワーグナー…

サトノワルキューレ

フローラSを勝った時の末脚が鮮烈。サトノワルキューレがローズSでまた大輪を咲かすか。 Warkureはドイツ語で、北欧神話の戦(いくさ)乙女のこと。14世紀以前にスカンディナヴィアで使われた古ノルド語Valkyrjaが語源。英語ではValkyrie(ヴァルキリー)…

メサルティム

紫苑Sにメサルティム(牝3=荒川)が出走。この馬名は母ピンクアリエスからの連想だ。Ariesは「おひつじ座」。生まれは母が3月22日、娘は3月24日。いずれも「おひつじ座」となるが、Mesarthimはおひつじ座γ星の固有名。星図「ウラノメトリア」を記したヨ…

カシノティーダ

小倉2歳Sは夏競馬の締めくくりだが、晩夏の折りになお暑さは緩まない。猛暑日が日常的だった今夏を象徴する馬名がカシノティーダ(牝2=田所)だ。 ティーダは沖縄や奄美の言葉で「太陽」。未勝利の身でひまわり賞(ひまわり=sunflower=太陽の花)を勝…