キセキ part2

 4歳秋・毎日王冠以降のキセキ(牡5=角居)は川田とのコンビで3→3→2→5→2着という軌跡。「善戦マン」という憐憫を含む単語では表現しきれない。キセキのスローペースを拒否する貴石のように希少なよどみない逃げ・先行によって見応えあるレースも多く「名勝負メーカー」でもあるが、白星がなく…。とはいえ敗戦の責を帰するところ、つまり帰責はキセキにも騎手にもなく、あと足りないのは運だけ。こういう敗者をAlmost Winnerという。2人(1人と1頭だが)寄り添って走って、うまくいかない日だって2人でいれば晴れだって!明日、今日より笑顔になれる――。さあ奇跡を!